Return to site

Improvised Compose & Live Streaming

The last episode of this section has come. Today's theme is "Improvisation Compose & Live Streaming". I have been about 2 years since I decided this style to be main. And I am sure it's the best way to fit me. The beginning of story dates back to childhood about thirty years ago. At that days, I purely loved music life that play with piano as if breathing alone in the room. Essential for me were dreamed story, superb view, unknown science...etc. Recently refine old style and made new style that has one big difference that became able to record & live with Internet easy. We believe that the act of record or live can be understood to some extent easily about the fact that it is an essential life line not only for musicians but also for representatives in all fields. The more important thing here is about the advantages bring by live streaming. Now, this environment is familiar to us. So I can make my musicality the most appealing, enjoy the best performance which raised my concentration to the limit, and can also make contact through the chat function. While experiencing "Fact that the improvised compose surely is performed by the person for the first time around the world. I waited 30 years, awesome! At least for me it is a revolutionary happy thing so I thank you for giving me this opportunity. I would like to carefully nurture this place "beyond the sky, beyond the time" with the people who are in all circumstances all over the world.

新作発売に先立ちその特徴をお伝えして参りました本コーナーもいよいよ今回がラスト。テーマは「即興作曲と生配信」です。このスタイルを主軸としてからまだ2年程ですがこんなにも自分にフィットする手法は金輪際見つけ出せないだろうと確信しております。なぜならば事の発端が30年程前の少年期にまで遡るからです。人間的にもプリミティブだったあの頃ピアノ練習の息抜きとしてアレコレと思い浮かべながら部屋で一人テキトーに弾き遊んでおりました。当時のスタイルを現在なりにリファインした姿が最近の私です。しかし一つだけ大きな違いがあります。それはインターネットと生配信の普及により記録と発表が簡単に実施できるようになった事。記録と発表という行為は音楽家に限らずあらゆる分野の表現者にとって欠かす事のできない生命線であるという点につきましてはある程度容易にご理解いただけるかと存じます。ここでより重要なのはインターネットと生配信についてです。この環境が身近になり得たからこそ今こうして私の音楽性を最も輝かせることができております。集中力を限界まで研ぎ澄ませた最高のパフォーマンスをオーディエンスの皆様にドキュメンタルにお楽しみいただけるようになりましたしチャット機能を通じて近しく接することもできるようになりました。その即興作曲が確かにその時その場所でその人物がこの世で初めて実施したものであるとの事実を「世界中の人々と生体験」しながら。30年の時空を超えて。少なくとも私にとっては革命的に嬉しい事ですので関係者の皆様には心の奥から感謝に尽きません。ありがとうございます。世界中の凡ゆる状況下におられる方々と「空を超え時を超え結ばれる」この場を弛まず大切に育んでゆきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly